心臓超音波検査

心エコー図検査とは

心エコ-図検査は、超音波を使用して心臓の解剖学的構造やそこを流れる血流をリアルタイムで観察し、臨床的に必要な情報を得るために行われます。
心臓の大きさ、壁の厚さ、壁の動き、弁の状態、血流の速さなどを評価することが可能です。
先天性心疾患、弁膜症、心筋症の診断や重症度評価には欠かせない検査です。
心筋梗塞や重症の狭心症の患者さまにおいても重要な検査のひとつとなっています。

経胸壁心エコー

通常の経胸壁エコーは超音波の探触子(小さなマイクぐらいの大きさです)をゼリーを塗った胸壁にあてて操作するだけなので苦痛はありません。
また検査当日の食事制限等もありません。
2次元断層画像(動画再生media playerメディアプレイヤー)では心臓の解剖学的構造と動きを高い時間分解能をもってリアルタイムで観察できます。
カラードプラー心エコー図(動画再生media playerメディアプレイヤー)を用いると、血流の速さを色別表示することにより、弁の逆流や狭窄、先天性心疾患におけるシャント血流を明確に表示することが可能です。
また最近は組織ドプラー法により心筋組織の速度を計測し、心臓の機能を評価する試みもなされています。

経食道心エコー図

心臓の中でもより背部に位置する左房内の血栓(動画再生media playerメディアプレイヤー)や胸部大動脈病変の検索、弁膜症において逆流や狭窄が生じるメカニズムの詳細な検討、心臓手術時の心臓の動きや弁の観察などに用いられる特殊なエコー検査です。
先端に小さな超音波探触子のついたファイバーを食道内に挿入することにより、鮮明な画像を得ることが可能です。
検査前に上部消化管内視鏡と同様の準備が必要ですので、主治医の先生から十分説明を受けた上で検査を受けてください。