学生・研修医の皆様

臨床研修医の皆さんへ(当科への入局へむけて)

当科では初期臨床研修終了後の先生方の入局をお待ちしています。初期臨研修終了後の先生方は、昭和大学藤が丘病院新専門医制度内科領域プログラム(専攻医(後期臨床研修医)の募集)を専攻していただき循環器内科へ入局をすることになります。専門医制度では内科研修は3年間ですが、Subspecialty重点研修タイプ1年型、2年型等の選択により循環器内科での研修期間は異なってきます。2年型を専攻する場合には3年間の研修のうち2年間を循環器内科で研修することが可能です。内科専攻医として総合内科専門医を目指しながら循環器内科の研修も並行して行い循環器専門医を目指すことになります。
 当科の目標は、CCU診療、冠動脈造影検査、ペースメーカー植え込み、心臓抗音波検査の施行と読影を1人でできる循環器内科医を育てることです。これらができるようになればどこへ行っても最低限循環器内科医としてやっていけます。そのため、CCU・心臓カテーテル研修を半年、不整脈研修を半年ラウンドし、心エコーについても入局後から研修を開始します(観血的検査治療の研修を希望しない先生はそれも可能です)。また、日本内科学会総合内科専門医、日本循環器学会専門医を取得することも最低到達目標とし、それが可能なプログラムを組んでいます。初期の研修の後には主に虚血班、不整脈班、心不全・エコー班に分かれて検査、治療、研究を行っていきます。また、学位(医学博士)の取得も到達目標としています。当科研究室では再生医療に関する基礎研究を積極的に行っており英文論文の作成により学位の取得が可能です。また、社会人枠大学院に入学し基礎の研究室で学位を目指すことや、当科の大学院に入学をするというプログラムの選択も可能ですし、臨床研究で学位を取得することも可能です。
 当科ではやる気のある皆さんの入局をこころよりお待ちしていますので、少しでも興味のある皆さん、是非連絡をお待ちしています。

2019年1月25日
昭和大学藤が丘病院循環器内科
教授 鈴木 洋