学生・研修医の皆様

臨床研修医の皆さんへ(当科への入局へむけて)

当科では初期臨床研修終了後の先生方の入局をお待ちしています 初期臨研修終了直後の先生方は昭和大学の内科研修医として循環器内科へ入局していただき、希望があれば他の内科をローテーションして内科認定医の取得を目指します。また、すでに初期臨床研修終了後に他院で働いている先生方や他科の専門医等を取得された後の先生方も大歓迎です。尚、平成29年度からは新専門医制度が開始されるため、初期臨床研修終了後の先生方は昭和大学藤が丘病院の内科専攻医となっていただき循環器内科へ入局することになります。内科専攻医として内科専門医を目指しながら(藤が丘病院も内科専攻医を募集します)循環器内科の研修も並行して行い循環器専門医を目指すことになります。
当科の目標は、CCU診療、冠動脈造影検査、ペースメーカー植え込み、心臓超音波検査の施行と読影を1人でできる循環器内科医を育てることです。これらができるようになればどこへ行っても最低限循環器内科医としてやっていけます。そのため、CCU・心臓カテーテル研修を半年、不整脈研修を半年ラウンドし、心エコーについても入局後から研修を開始します(観血的検査治療の研修を希望しない先生はそれも可能です)。また、日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医を取得することも最低到達目標とし、それが可能なプログラムを組んでいます。初期の研修の後には主に虚血班、不整脈班、心不全・エコー班に分かれて検査、治療、研究を行っていきます。また、学位(医学博士)の取得も到達目標としています。当科研究室では再生医療に関する基礎研究を積極的に行っており英文論文の作成により学位の取得が可能です。また、当科の大学院に入学をするというプログラムの選択も可能ですし、臨床研究で学位を取得することも可能です。
当科ではやる気のある皆さんの入局をこころよりお待ちしていますので、少しでも興味のある皆さん、是非連絡をお待ちしています。

平成27年11月1日
昭和大学藤が丘病院循環器内科
教授 鈴木 洋

6月23日(土)「昭和大学藤が丘病院 内科合同医局説明会」が開催されます。

昭和大学藤が丘病院 内科合同医局説明会を開催します。

昨年度から新専門医制度が始まり、各初期研修の先生方におかれましたは、新制度に対する期待や不安があるかと思います。

そこで、昨年同様、新専門医制度について公表されている内容をわかりやすく説明するとともに、藤が丘病院の内科各医局の魅力を伝える機会を用意いたしました。

昭和大学藤が丘病院は臨床研修医制度以前から内科臨床研修システムを採用していた病院です。そのため、現在も昭和大学の関連病院であるにも関わらず、初期臨床研修を希望する研修医が全国から集まります。

そのような歴史もあり、内科同士の横のつながりも強く、協力して診療に取り組むのが当院の特徴のひとつです。各科では、大学病院という専門性を保ちつつ、地域に根ざした診療を展開しています

また、大学院進学、学位取得の環境は整っており、卒後4年から6年以内の学位取得を目指します。認定医、専門医取得も積極的に勧めています。

ご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください。

この機会にぜひご参加ください。

- 詳 細 -
日   時:6月23日(土)10時00分から13時30分まで
場   所:昭和大学藤が丘病院 B棟6階大会議室
対   象:初期臨床研修医(院内外問いません)
内   容:説明会(新専門医制度、各医局説明、給与、大学院進学について)
参加診療科:循環器内科、腎臓内科、脳神経内科、血液内科、消化器内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、呼吸器内科、腫瘍内科
服   装:白衣またはスクラブ着用(施設見学のため)
問い合わせ先:昭和大学藤が丘病院 循環器内科 医局長 若月 大輔
dwakatsuki@med.showa-u.ac.jp
(循環器内科以外の診療科のことについてもご連絡ください。各診療科におつなぎします)