教室案内

昭和大学藤が丘病院循環器内科沿革

昭和大学藤が丘病院循環器内科は、昭和51年3月に初代の故・春見建一教授によって創設されました。春見教授時代は、不整脈に関する国際的な基礎的・臨床的研究を中心に虚血性心疾患、高血圧、心筋症、心不全等、非常に幅広い循環器領域で活動して参りました。平成元年からは2代目の真島三郎教授をお迎えして、同様に心電図学を中心とする基礎的な研究を引き継がれ、一層の発展を遂げてきましたが、3代目として平成9年からは昭和大学病院より嶽山陽一教授が着任され、これまでの基礎的研究を中心としてきた当教室は、虚血性心疾患に対するカテーテル治療に重点を置いた臨床研究に衣替え致しました。また不整脈に関しても、これまでの基礎的な知見をベースに臨床応用して電気的焼灼術やペースメーカーによる心不全治療にまで発展させております。
平成19年9月からは、昭和大学病院より鈴木洋が医長として着任し、平成24年9月からは第4代教授として、冠動脈疾患に加えて、再生医療の実現も視野に入れ末梢動脈疾患に対するインターベンション治療も積極的に行ってきております。臨床研究では、急性冠症候群、冠攣縮、血管内皮機能、末梢血管の再生医療を中心に、また、基礎研究では、骨髄や骨格筋の間葉系幹細胞、エリスロポエチンを中心とした再生医学を中心に研究を行っています。
今後も、実臨床、教育はもとより、臨床研究、基礎研究ともに第一線の活動を行い循環器病学の発展に寄与できるよう努力をしていきます。

平成27年11月1日
昭和大学藤が丘病院循環器内科
教授 鈴木 洋

診療実績 平成27年度各種検査、治療数

検査

トレッドミルまたはエルゴメーター負荷試験 334件
マスター負荷試験 90件
ホルター心電図 2023件
経胸壁心臓超音波検査 6899件
経食道心臓超音波検査 160件
下肢動脈超音波検査 350件
冠動脈造影検査 659件
心筋生検 27件
安静時心筋血流シンチグラム 82件
運動負荷心筋血流シンチグラム 84件
薬物負荷心筋血流シンチグラム 380件
肺血流シンチグラム 45件
冠動脈CT 599件
ABI検査 1687件
皮膚灌流圧 253件

治療

冠動脈カテーテルインターベンション(PCI) 364件
末梢血管内治療(EVT) 48件
大動脈内バルーンパンピング(IABP) 41件
経皮的心肺補助(PCPS) 19件
下大静脈フィルター留置術 22件
ペースメーカー植え込み(新規) 41件
ICD植え込み(新規) 14件
カテーテルアブレーション 45件
心臓再同期療法(CRT) 7件
植え込み型心電計移植術 2件
ペースメーカー等移植術 37件
心大血管リハビリテーション 2466件

過去の診療実績

2016.12.01

平成26年度各種検査、治療数

MORE
2015.12.01

平成25年度各種検査、治療数

MORE
2015.12.01

平成24年度各種検査、治療数

MORE