不整脈検査、治療

カテーテルアブレーションとは

カテーテルアブレーションとはカテーテルを用いて、不整脈を治療する方法です。
アブレーションとは、「取り除くこと、切除すること」という意味です。カテーテルの先から高周波電流を流して、心臓内の組織を小さく焼き切ることで不整脈を治します。
不整脈の治療法にはカテーテルアブレーションの他に薬物治療と外科治療があります。
薬物治療では主に抗不整脈薬が用いられます。
抗不整脈薬は異常な電気活動を抑制し効果を発揮しますが、不整脈の完全な抑制はなかなか困難です。
抗不整脈薬の副作用として心機能が抑制される、まれに不整脈が悪化する場合があります。
外科治療は、直接心臓を操作して異常な部分を除去しますが胸を開けるか、心臓を開ける大手術になるため、患者さんの受ける負担は大きなものになります。
現在では胸を切らなくてもよい、アブレーションが効果的な治療法として定着しています。
カテーテルアブレーションのメリットには、薬物治療と異なり不整脈の根治が期待できること、根治されなくても症状の軽減が期待できること、外科治療と異なり繰り返し行えることがあります。

対象となる不整脈

この治療は1990年頃から発作性上室頻拍症やWPW症候群に対して行われました。
現在ではこれらの不整脈の他に、心室頻拍や心房細動に対しても行われています。
治療の成績は、それぞれの不整脈で異なり、また患者さんの状態で異なりますが、発作性上室頻拍症やWPW症候群では成功率が高く、心室頻拍や心房細動では再発率が高くなります。

治療の方法

アブレーション治療では、まず専用のカテーテルを主に足の付け根にある太い血管(大腿静脈ないし大腿動脈)から入れ、その他に頸静脈や鎖骨下静脈から心電図記録用の電極を入れます。
カテーテルはレントゲン撮影で透視しながら心臓まで到達させます。

アブレーションの方法の一例

カテーテルの先には心電図を計測するための電極がついていて、それで心臓の内壁に接触させながら心電図を計測します。
この計測によって、今カテーテルが接している部分が、副伝導路などの異常な部位であるかどうかがわかります。
この異常な部分を探す作業のことを「マッピング」と呼びます。
最近では透視を使わなくても心臓の中でカテーテルの位置がわかるコンピューターシステムも使われます。
治療はカテーテル先端をマッピングで得られた不整脈発生部位に持っていき、そこに高周波エネルギーを流します。
強い電流によって、わずかな領域の心臓組織だけが電気的に焼かれて細胞は死滅し、その結果、異常伝導路は断ち切られ不整脈を治すことができます。
治療時間は短い場合は2-3時間ですが、心室頻拍や心房細動では5-6時間を要します。
治療後にアスピリン、ワーファリン、抗炎症薬、抗不整脈薬を服用して頂くことがあります。