不整脈検査、治療

不整脈について

不整脈とは

いろいろある心臓病の中で、心臓の拍動(脈)が速くなったり、遅くなったりして“脈がみだれる”状態を不整脈(ふせいみゃく)と呼びます。
“脈が異常に速くなるもの”を頻脈(ひんみゃく)性不整脈、“脈が異常に遅くなる”ものを徐脈(じょみゃく)性不整脈と分類し、重症度により治療が必要となります。

不整脈の原因

一般には原因が分からない特発性の不整脈が最も多いと考えられますが、原因としては、狭心症や心筋梗塞など心筋への血流が障害される虚血性心疾患、心筋細胞自体の異常である心筋症、弁膜症や高血圧などが挙げられます。
心臓以外の疾患では甲状腺機能亢進による心房細動が一般的ですが、アルコールやストレスも一過性に不整脈の原因になると考えられています。
その他、薬の副作用や、電解質異常も原因となりえます。

不整脈を持たれている、または疑われる方の検査

以下の検査を行い、不整脈の診断、重症度の判定を行い、治療方針を決定します。

不整脈の診断および重症度の判定に行う

  • 心電図
  • 24時間心電図(ホルター心電図)
  • 携帯型心電図
  • 心室遅延電位記録
  • 不整脈カテーテル検査(EPS)
  • ヘッドアップチルトテスト(起立試験)

原因を調べるための検査

  • 心臓カテーテル検査・冠動脈造影・心筋組織生検
  • 心臓超音波検査
  • 心臓核医学検査
  • 心臓MRI検査
  • 心臓CT検査

これらの検査を順序立てて行いますが、診断が明瞭で症状が重い場合は、早くから治療を優先する場合があります。不整脈カテーテル検査、心臓カテーテル検査・冠動脈造影・心筋組織生検などは入院して検査します。

不整脈の症状

徐脈性不整脈では脈が遅いことによる、徐脈、息切れ、疲労感、動悸などが多く、程度が重い場合はめまいや失神、心不全などが起こります。
重症の場合は緊急で医療機関への受診が必要です。
頻脈性不整脈では脈拍欠滞、頻脈、動悸、胸部違和感などが多く、程度が強いと血圧低下によるめまい、脱力感、胸痛などが起こり、重症の方はショック、失神、心不全、心停止などが起こります。
不整脈には徐脈と頻脈の両方が起こる場合があり、症状は両方が見られます。
また不整脈があっても全く自覚症状がなく、関連する病気で始めて不整脈が見つかる方もおられます(無症候性心房細動による脳梗塞)。また 健康診断などで不整脈が見つかる方もいらっしゃいます。

不整脈の種類

脈が遅くなる徐脈性不整脈には大きく分けて、脈を作る洞結節に異常が起こる洞結節機能不全症候群、心房から心室への伝導が障害される房室ブロックがあります。
脈が速くなる頻脈性不整脈には、心臓の鼓動が正常のタイミングより早く起こる期外収縮、期外収縮が連発する頻拍症があり、それぞれ心房で起こる上室性不整脈と心室で起こる心室性不整脈に分けられます。
また徐脈性不整脈と頻脈性不整脈がほぼ同時に起こることもあります。

不整脈の種類と一般的な治療の対比

不整脈の治療は、不整脈の種類、程度により、薬物療法、カテーテル治療、ペースメーカー治療など様々な治療法から選択します。各治療法を併用することも多いです。

徐脈性不整脈

  • 洞結節機能不全症候群←→ぺースメーカー
  • 房室ブロック←→ぺースメーカー

頻脈性不整脈

上室性

  • 上室性期外収縮←→薬物治療
  • 上室頻拍、WPW症候群←→薬物治療、カテーテル治療
  • 心房細動・粗動←→薬物治療、カテーテル治療

心室性

  • 心室性期外収縮←→薬物治療、カテーテル治療
  • 心室頻拍←→薬物治療、カテーテル治療、ICD、外科治療
  • 心室細動←→ICD